≫ 文芸

ハーストン、ウォーカー、モリスン-アフリカ系アメリカ人女性作家をつなぐ点と線-

松本昇 君塚淳一 鵜殿えりか 編

ゾラ・ニール・ハーストンが注目を浴びたハーレム・ルネッサンスの時代のアメリカは、いわゆる第一次世界大戦後の「狂乱の20年代」と称される時代だった。ハーストン以降、アリス・ウォ―カー、トニ・モリスンらへと引き継がれるアフリカ系女性作家が抱える問題の点と線を結ぶことで見えてくる課題を探る。20名の新鋭による論考。

9784888963947.jpg

  • ISBN:9784888963947
  • 定価2940円(本体2800円)
  • A5判 / 364頁 / 並製